99年度バイオ関連予算概算要求額が2800億円を突破したことが、日経バイオテクの集計によって明らかになった。98年度予算2522億円に比べ11.9%、299億円の大幅増額要求となった。増額要求の源となったのは、ゲノム・脳の100億円だ。また、内分泌撹乱科学物質(環境ホルモン)関連の予算も大幅増額になった。
 詳細は、本日発行の日経バイオテク誌バイオ・インテリジェンスに掲載した。



 バイオインテリジェンスは、日経バイオテク本誌の付録です。紙でのみの提供となっています。日経バイオテク、バイオ・インテリジェンスのお申し込みは、こちらです。