文部省科学研究費補助金特定領域研究(A)「多元的情報伝達」公開シンポジウム

シグナル伝達の構造生物学

日時:平成10年12月15日(火)
  場所:日本薬学会 長井記念ホール
  (東京都渋谷区渋谷2-12-5,JR渋谷駅東口より高速3号線沿い徒歩8分)
  電話:03-3406-3326


プログラム

10:30-10:40 はじめに           
                                    稲垣冬彦(都臨床研)  
10:40-11:10 インテインを用いた部分標識による大きな蛋白質のNMR
           山崎俊夫(阪大蛋白研)
11:10-12:10 NMR Structure of Histidine Kinase EnvZ from E. coli  
           伊倉光彦(トロント大)

12:10-13:30 昼食
13:30-14:00 細胞内情報伝達系His-Aspリン酸リレーの構造生物学
     HPtドメインとその蛋白質ヒスチジンフォスファターゼ 
           箱嶋敏雄(奈良先端大・バイオ)
14:00-14:30 カルシウム調節蛋白質の溶液構造の動態
           片岡幹雄(奈良先端大・物質創成)

14:30-15:00
構造ゲノム科学:構造生物学によるゲノム情報解析へのアプローチ
           中村春木(生物工研)

15:00-15:30 同位体ラベルのNMRへの応用
           甲斐荘正恒(都立大院理)

15:30-16:00 休憩

16:00-17:00 Structural Analysis of Signaling By SH2 and SH3 Domains
     J. Kuriyan(Rockefeller
Univ.)

17:00-17:10 おわりに
                                 阿久津秀雄(横国大工)
                          

主催:文部省科学研究費補助金特定領域研究A「多元的情報伝達」総括班
代表 稲垣 冬彦(財)東京都臨床医学総合研究所、           Tel:03-3823-2101(Ex.5261)
後援:日本分子生物学会,日本生物物理学会,日本生化学会,日本薬学会

参加費:不要.当日直接会場にお越し下さい.
問合せ先:〒565-0871 大阪府吹田市山田丘3-2
      大阪大学蛋白質研究所 相本 三郎
Tel: 06-879-8607&s_comma; Fax: 06-879-8609&s_comma; e-mail: aimoto@protein.osaka-u.ac.jp


 詳細とリンクは「バイオ関係者、皆のホームページ」の学会研究欄の相本氏のページでアクセスできる。