Molecular Medicine10号(中山書店)で、米国Hawaii大学解剖生殖生理の若山照彦氏が、「Dolly」に続く、クローン・マウス作出成功の鍵とNature誌発表に至る裏話を披露している。

 一時その作出は不可能とまでいわれていたクローン・マウスは、発生のなぞの解明と実験動物として科学への貢献が大いに期待されている。

 詳細は、中山書店のホームページはで、
http://www.so-net.ne.jp/medipro/NakaYama/