***** seminarML *****から情報転載

学友会セミナーのお知らせ

日時・場所 
8月31日(月) 11:00から12:30 東京大学医科学研究所アムジェンホール大会議室

講師・所属 
Dr. Louis Lim&s_comma; Head and Professor&s_comma; Glaxo-IMCB Group&s_comma; Institute of Molecular and Cell Biology&s_comma; National University of Singapore&s_comma; Professor of London University

Dr. Chris Y.H. Tan&s_comma; Professor and Director&s_comma; Institute of Molecular and Cell Biology&s_comma; National University of Singapore

演・題
Small GTP binding Protein and Life Science in Singapore

(1) Rho GTPase signalling pathways and networking: the role of effectors and regulators
(2) Introduction of Institute of Molecular and Cell Biology (IMCB)

 Lim博士はcdc42/RacのエフェクターとしてのPAK、RAKなどのキナーゼの生理的意義とシグナル伝達について細胞増殖、分化、神経伝達分子放出などとのかかわりを中心に幅広く研究されている、低分子量GTP結合タンパク質研究の第一人者です。

 今回は研究の最新の成果とともに、1987年シンガポール大学に設置された国際的研究所である、IMCBとシンガポールにおける生命科学とバイオテクノロジーについても紹介していただく予定です。


世話人 新井 賢一
    森 茂郎

連絡先 : 下記にお願いします。
*****************************************************
Sumiko Watanabe&s_comma; Ph.D.
Assistant Professor
Department of Molecular and Developmental Biology Institute of Medical Science
University of Tokyo
4-6-1&s_comma; Shirokane-dai&s_comma; Minato-ku
Tokyo 108-8639&s_comma; Japan
Phone 81-3-5449-5660/3
FAX 81-3-5449-5424


seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」医学薬学研究者欄の横溝氏のページからアクセスできます。