***** seminarML *****から情報転載

生物化学教室コロキウム(平成10年度第5回)

演者:Dr. Nic Jones
Head of Gene Regulation Laboratory
Imperial Cancer Research Fund
London&s_comma; U.K.

演題:Transcriptional Regulation by the Stress-Activated MAP kinases.

日時:8月31日(月) 14:30-15:30
場所:東京大学理学部3号館3階327号室
    (千代田線根津駅より徒歩5分、南北線東大前駅より徒歩8分)

Jones博士は分裂酵母のストレス応答系で働くMAPキナーゼSty1/Spc1およびその標的転写因子Atf1/Gad7を同定し、精力的に解析を進めています。動物システムとの比較
なども話題になるかと思います。

世話人 山本正幸 (内線4386)


なお、先日[seminar: 80] でお知らせしましたように、同日午後4時より同じ会場でDr. Michael O. HengartnerによるセミナーGenetic control of programmed cell death in the nematode C. elegansもありますので、そちらも合わせてご参加ください。


seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」医学医薬研究者欄の横溝氏のページでアクセスできます。