群馬大学遺伝子実験施設が下記の要領で、大学院生を募集している。最新情報とリンクは「バイオ関係者皆のホームページ」人材・補助金欄でアクセスできる。


大学院生募集

以下の研究内容で平成11年度の博士課程の大学院生を募集しております。

研究内容
(1)インプリンティングのメカニズムに関する研究:どのようにして雄あるいは雌の生殖細胞特異的に遺伝子に刷り込み(インプリンティング)がはいるか?

(2)癌化におけるインプリンティングの役割の研究:インプリンティングを受ける癌抑制遺伝子の検索、癌におけるインプリンティングの異常のメカニズムの解明。

(3)Xist遺伝子を中心としたX染色体の不活性化のメカニズムの研究:Xist mRNAがいかにしてX染色体を不活性化するか?どうのようにして不活性化される1本のX染色体が決定されるか?

(4)その他、遺伝子の不活性化に関する研究

参考文献

(1)Genomic imprinting of p57KIP2&s_comma; a cyclin -dependent kinase inhibitor&s_comma; in mouse.
I. Hatada and T. Mukai
Nature Genetics&s_comma; Vol. 11&s_comma; pp204-206 (1995)
(2)An imprinted gene p57KIP2 is mutated in Beckwith-Wiedemann syndrome.
I. Hatada et al.
Nature Genetics&s_comma; Vol. 13&s_comma; pp171-173 (1996)
(3)Aberrant methylation of an imprinted gene U2af1-rs1(SP2) caused by its own transgene
I. Hatada et al.
Journal of Biological Chemistry&s_comma; Vol. 272&s_comma; pp9120-9122 (1997)


研究場所
群馬大学遺伝子実験施設

応募資格

医、歯、獣医学部(6年生)卒業者および見込みの者、他学部修士課程修了者および見込みの者、他学部卒業後研究歴2年以上の者。

締め切り

9月11日

問い合わせ先

まずこちらまでお問い合わせ下さい。
畑田出穂(英国出張中) e-mail: ihatada@rpms.ac.uk (日本語可)&s_comma; FAX:
44(英国)-181-383-8338