日本組織培養学会第71回大会が下記の要領で、5月21から22日まで、仙台市で開催される。

 最新情報とリンクは「皆のホームページ」学会研究会の佐藤氏のページでアクセスできる。



日本組織培養学会第71回大会案内

 日本組織培養学会第71回大会を以下のように開催いたします。大会期間は2日間となっております。

 この間に一般講演の発表と2つのシンポジウムを行います。会場は仙台駅から近く、市街地の中心で便利な場所です。

 多くの方々が参加されることを期待いたします。

1.会期
 平成10年5月21日(木)、22日(金)

2.会場
 仙台市戦災復興記念館
 仙台市青葉区大町2丁目12-1(電話:022-263-6931)

 一般演題(口頭発表)とシンポジウムは2階の記念ホール、ポスター発表は地下1階の展示ホールで行います。

3.参加者受け付け
 5月21日、22日とも午前9時より仙台市戦災復興記念館で行います。
 参加費: 会員  3&s_comma;000円(企業参加の方は5&s_comma;000円)
      非会員 5&s_comma;000円(企業参加の方は7&s_comma;000円)
      学生  1&s_comma;500円
 懇親会会費:5&s_comma;000円


4. 大会日程
 5月21日(木) 
 9:30 - 12:15 一般演題(口頭発表)
 13:15 - 14:15 奨励賞対象演題(ポスター発表)
 14:20 - 17:20 シンポジウム(1)
         「Vascular Biology の最近の進歩」
 18:00 - 20:00 懇親会

 5月22日(金) 
 9:30 - 12:00 一般演題(口頭発表)
 12:00 - 13:00 総会
 14:00 - 17:00 シンポジウム(2)
         「発生生殖工学と組織培養」

5. プログラム

一般演題
5月21日(木)  
一般演題  9:30‐12:15
座長:岡本哲治、西 義介
1- 1 血管新生のシグナル伝達機構
   田中克宏、安部まゆみ、佐藤靖史
   東北大・加齢研・腫瘍循環
1- 2 レチノイン酸による内皮細胞の転写因子ETS-1 発現の抑制
   五十嵐孝之、安部まゆみ、佐藤靖史
   東北大・加齢研・腫瘍循環
1- 3 婦人科癌培養細胞の浸潤能およびプロテアーゼ産生能に対する増殖因子の効果
   植田政嗣1、寺井義人1、藤井秀二2、吉澤啓子2、植木 實1、1大阪医大・産婦、2日本化薬・総合研
1- 4 ジメチル砒素化合物による培養V79細胞の多核化および紡錐体異常の誘発
   越智崇文、中嶋史枝
   帝京大・薬・環境衛生
1- 5 筋芽細胞のTNFαによるアポトーシスの誘導
   今中崇博、山口高弘、奈良英利、鈴木 惇
   東北大農・機能形態
1- 6 増殖停止関連遺伝子eti-1のアポトーシス誘導活性
   増井 徹1、高田容子1、岩下新太郎2、榑松美治1、田辺秀之1、祖父尼俊雄1、 水沢 博1、1国立衛研・変異遺伝、2三菱生命研・先端

1- 7 bcl-2 を介した高酸素培養によるPC12 細胞の分化様形質誘導
   加藤真介1、三井洋司2、木谷健一3、鈴木崇彦4、1東大・病院、2工技院・生命研、3国立長寿研、4東大・医

1- 8 p21発現ヒト肝癌細胞の増殖におけるサイクリンEの過剰発現の必要性
   難波正義、宮崎正博、深谷憲一、辻 俊也
   岡山大・医・細胞生物
1- 9 子宮体癌細胞におけるPTEN癌抑制遺伝子異常の検索
   泰 宏樹1、蔵本博行1、今井 愛1、金井督之1、浜野美恵子2、渡辺 純3、 北里大・医・1産婦、2組織培養センター、3病理

1-10 新規Zn フィンガー蛋白質HIC-5 の細胞接着斑への局在とシグナル伝達への関与
   野瀬 清、石野敬子、金山朱里、西谷直之、柴沼質子、 昭和大・薬・微生物

1-11 G-CSF誘導活性を持つモノクローナル抗体の作製と性状解析
   青木良子、平野大祐、中村元直、西 義介
   JT・生命分子研
 
ポスター発表(奨励賞対象演題)  13:15‐14:15
座長:鈴木崇彦

P-1 ヘパリン結合性FGF結合蛋白HBp17の正常および腫瘍細胞における発現とその機能解析
   坂本哲彦1、田中良治1、張 雁1、山中威典2、道向栄二1、虎谷茂昭1、岡本哲治1、1広島大学・歯・口腔外科1、2補綴1

P- 2 Wild-type KGFR遺伝子移入によるヒト唾液腺由来腺癌細胞の増殖制御
   田中良治1、坂本哲彦1、張 雁1、山中威典2、道向栄二1、虎谷茂昭1、岡本哲治1、1広島大学・歯・口腔外科1、2補綴1

P- 3 ヒト歯周靭帯由来上皮細胞の細胞内分泌学的研究
   山中威典1、田中良治2、坂本哲彦2、張 雁2、道向栄二2、虎谷茂昭2、赤川安正1、岡本哲治2、1広島大学・歯・補綴1、2口腔外科1

5月22日(金)
一般演題  9:30‐12:00
座長:大野忠夫、小山秀機
2- 1 胎児培養に用いる培養液の検討
   ?(財)動物繁殖研究所で作製された血清の場合?
   秋田正治1、横山 篤1、外尾亮治2、黒田行昭3、1鎌倉女子大、2(財)動繁研、3国立遺伝研

2- 2 ヒト歯乳頭由来細胞の分離とその性状
   林 英司、里村一人、鎌田伸之、長山 勝
   徳島大学歯学部口腔外科学第一講座

2- 3 屠殺ブタ肝臓から分離した上皮性細胞のクローン性増殖と分化機能の解析
   加野准子、周 暁 東、児玉 亮、常盤孝義
   工技院 融合研

2- 4 LEC ラットからの卵形細胞の分離とin vivo での肝細胞への形質転換
   杉山俊博1、安井應紀1&s_comma;2、三浦直行1、寺田邦彦1、小山研二2
   秋田大・医・11生化、21外

2- 5 不死化伊東細胞のバイオリアクターでの培養とビタミンA代謝
   松浦知和1、川田雅昭2、蓮村 哲1、永森静志1、清水英佑2、東京慈恵会医科大学 1内科、2環境保健医学

2- 6 牛の筋芽細胞の分化とAChEの発現
   奈良英利、山口高弘、今中崇博、鈴木 惇
   東北大・農 機能形態

2- 7 ラット顎下腺由来上皮細胞RSMG-1の形態形成におけるactivinの役割
   古江美保1、飯野亮介1、浅島 誠2、斎藤 滋1、 1神奈川歯大・口生化、2東大・院・総合

2-8 ヒト線維芽細胞の産生するトランスフェリンと培地由来の細胞内トランスフェリンの細胞内局在は異なる
   阪口政清、近藤 格、難波正義
   岡山大・医

2- 9 ほ乳動物中期染色体の高次構造
   高山 奨、高田美紀
   関西学院大・理・生

2-10 FISH法によるヒト単一染色体保持雑種細胞株パネルの性状解析
   田辺秀之1、中川ゆづき2、峯岸大輔1、橋本雄之3、田中憲穂2、押村光雄4、祖父尼俊雄1、水沢 博1、1国立衛研・変異遺伝・細胞バンク、2食薬センター秦野研・変異遺伝・細胞毒性、3国立感染研・遺伝子資源、4鳥取大・医・生命科学・細胞工学


シンポジウム

5月21日(木)
シンポジウム(1)  14:20‐17:20
「Vascular Biologyの最近の進歩」
座長:佐藤靖史、三井洋司

S1-1 ES細胞から血管・血液への分化
   西川伸一
   京都大学医学部

S1-2 VEGF(血管内皮増殖因子)とその受容体の血管新生・透過性亢進における役割
   渋谷正史
   東大・医科研・細胞遺伝

S1-3 血管新生と内皮細胞の遺伝子発現調節
   佐藤靖史
   東北大・加齢研・腫瘍循環

S1-4 がんの血管新生とマクロファージ
   桑野信彦、鳥巣仁枝、西江昭弘、福士純一、吉田茂生、五島大祐、自見政一郎、
   庄野禎久、小野眞弓
   九州大学・医・生化

5月22日(金)
シンポジウム(2)  14:00‐17:00
「発生生殖工学と組織培養」
座長:星 宏良、松居靖久

S2-1 マウス始原生殖細胞の発生機構
   松居靖久1、野瀬俊明2、吉水朋美1
   1東北大・加齢研・分子発生、2三菱化学生命研・分子生殖発生

S2-2 非ウイルスベクター法を用いた動物細胞・組織への遺伝子導入
   村松達夫
   名大・農

S2-3 卵成熟と受精-体外培養系における解析
   佐藤英明
   東北大・農

S2-4 体外培養系でのウシ卵子の発育・成熟および胚発生
   星 宏良
   機能性ペプチド研究所

5. 懇親会
 21日午後6時より第二ワシントンホテル内「レインボーホール」で行います。

6. 交通機関
 飛行機利用の場合、まずリムジンバスでJR仙台駅までお越しください。(所要時間 約40分)
 JR仙台駅からは、
   (1)仙台市バス(15番のりば:女子商・国見ヶ丘線または南吉成団地線)晩翠草堂前、または東北公済病院前で下車(約5分)

   (2)タクシー(5分以内)
   (3)徒歩  (約15分)
 なお会場には駐車場がありませんので車での来館はご遠慮ください。

7. 問い合わせ先
 〒980-8575 仙台市青葉区星陵町4-1 
 東北大学加齢医学研究所内
 日本組織培養学会 第71回大会事務局
 大会世話人 佐藤靖史
 電話:022-717-8532、ファックス:022-717-8533