***** seminarML *****から情報転載


第95回東大脂質談話会のご案内を致します。

日時;平成10年4月15日 午後6:00-7:00

場所;東京大学医学部一号館 三階細菌セミナー室 (S311)

演者;東京大学医学部第三内科 後藤田 貴也 先生

演題;QTL (Quantitative Trait Loci) 解析による高血圧自然発症ラット (SHR) の脂肪細胞におけるインスリン抵抗性発現遺伝子座の同定

要旨;
SHR は本態性高血圧症モデル動物であるが、同時にインスリン抵抗性を呈する。このSHR におけるインスリン抵抗性発現の原因遺伝子を同定する目的で、脂肪細胞でのインスリン刺激後の糖の取り込みに有為な連鎖を示す遺伝子座位を複数の交配集団においてQTL解析により調べた。その結果、4番および12番染色体上にQTLを同定し、特にその4番染色体領域にはSHRにおける高血圧やインスリン抵抗性を含むSyndrome X 様症状の原因遺伝子(群)の存在が示唆された。



seminarMLに関する情報は、「皆のホームページ」医学医薬研究者欄の横溝氏のページでアクセスできます。