東北地方に地盤があるわが国最大手の日配品(豆腐や納豆など)メーカーである太子食品工業の開発本本部研究室室長に、新規事業部次長の塚本知玄氏が着任した。農学博士である塚本氏は、最近は大豆イソフラボンの研究で成果をあげており、岩手大学地域共同研究センターの客員教授をつとめ、今春、太子食品が新発売するイソフラボン高含有豆腐の製造法を開発した。