***** seminarML *****から情報転載

東大医科学研究所分子生物学研究部主催特別セミナーのお知らせ


日時/場所 3月27日 午前9:30ー11:30、東大医科学研究所アムジェン大会議室
演者 東大医科学研究所癌生物学研究部助教授 金井芳之 先生
演題 多機能モチーフ(LZ&s_comma; NLS&s_comma; EF-hand & SP)保有たんぱく質nucleobindin(Nuc)と自己免疫ーNuc 遺伝子ノックアウトで誘起されたMRL/lpr 自己免疫病マウスの病態修飾について

金井先生は自己免疫病の発症機構についてnucleobindinを中心に大変興味深い研究を展開しておられます。今回は時間をたっぷりとって自己免疫病の基本的概念から、最近の展開までお話しいただくことにしました。基礎、臨床研究者をつうじて興味のもたれるお話しが期待されます。皆さまのご来聴をお待ちしています。

  世話人、連絡先 分子生物研究部 渡辺すみ子 (Phone 03-5449-5663)


seminarMLに参加ご希望の方は、「皆のホームページ」医学薬学研究者の横溝さんのページでアクセスできます。