***** seminarML *****から情報転載

東京大学医科学研究所での学友会セミナーをお知らせします。

日時: 1998年3月23日
場所: 東京大学医科学研究所アムジェンホール大会議室
講師: Stephen C. West
(スティーブ・ウエスト博士)ロンドン大学教授およびIC
RF主任研究員

演題:
「遺伝子組み換えとDNA修復におけるタンパク媒介分子相互作用の役割」

ウエスト博士は組換えと修復の生化学で分野をリードする研究を進めています。今回は、「ヒトRad51/52タンパクによる、DNA間のホモロジーペアリングの実現」と「相同組換え後期、ホリディー型中間体の大腸菌RuvABCタンパクによるプロセシングの 解析」とのについて話して頂きます。

Ref: Ann. Rev. Genetics (1997) 31:213.
Nature (1998) 391:401.

世話人: 小林一三、正井久雄


seminarMLの情報は「皆のホームページ」医学薬学研究者欄の横溝さんの頁でアクセスできます。