バイオテクノロジー分野のコンピュータの応用に関する国際学会、Computoter Applications in Biotechnology(CAB7)の第一次の参加締め切りが、4月15日に迫った。

 最新情報とリンクは「皆のホームページ」情報学研究者欄のCAB7事務局のページでアクセスできる。


IFAC Symposium
Computer Applications in Biotechnology - CAB7-
---Horizon of BioProcess Systems Engineering in 21st Century---

 最近の計算機の発達は目覚しいものがあり、バイオテクノロジーに関連した分野においても、あらゆる場面において必要不可欠な道具となってきています。そこで、世界自動制御連盟(IFAC)と欧州バイオテクノロジー連盟(EFB)の主催の下、約3年毎に、標記バイオテクノロジーにおける計算機の応用に関する国際会議が開催されてきました。1992年は、米国コロラドで、1995年は独国ガルミッシュパルテンキルヘンで開催され、1998年は、日本
で(大阪南港コスモスクエア)開催が決定されております。プログラムは以下の通りです。(合計演題数 97件 海外からの演題70件)

Plenary Lecture
Computer applications in biotechnology in Japan
Toshiomi Yoshida (Osaka Univ.)
Emerging directions in computer applications to biotechnology: upgrading the
information content of biological data
Gregory Stephanopoulos (MIT)

Session(詳細はホームページをご参照ください.)
1. Modeling and Simulation of Bioprocesses&s_comma; Design and Optimization of
Bioprocesses
2. Robotics in Biotechnology
3. Instrumentation and Data Processing
4. Computer Applications in Metabolic Engineering
5. Knowledge Engineering Approaches for Bioprocess Operation
6. Cell Culture Engineering and Clinical Applications
7. Applications to Environmental Engineering


  • 参加者募集中(詳しくはHREF=http://www.icb.osaka-u.ac.jp/~cab7/>cab7ホームページ(http://www.icb.osaka
    -u.ac.jp/~cab7/)まで。)

    参加費:600頁の要旨集,レセプション,懇親会費を含む
    平成10年4月15日(水)申込分迄(以降は1万円up)