酵素の繊維産業への利用法の研究を進めているバイオ精練研究会が、大阪と東京で下記の要領で、バイオ精練の成果の展示会を開催する。

 最新情報とリンクは、「皆のホームページ」微生物研究者欄の山本氏ページからアクセスできます。


「21世紀に向けたエコ・フレンドリー繊維加工 ーコットンバイオ精練ー」というコンセプトにもとづき,下記の展示会が行われます(関西,関東各1会場)本展示はバイオ精練研究会の主催です。

平成10年2月25日から27日 WFTF会場(インテックス大阪)

  (WFTF:ワールド・ファッション・トレード・フェアー)

平成10年6月22日から24日日本繊維学会展示会場(国立教育会館)

バイオ精練は酵素を用いる精練法で,従来の苛性ソーダを用いる方法に比べ温和な条件で処理できます.
直接的なエネルギーコストも従来の50%以下になり,炭酸ガス放出削減にも寄与します


バイオ精練研究会(会長 大阪府立大学・工学部教授 高岸徹氏)は,繊維,酵素などのメーカーおよび公立研究機関の研究者が参加する研究会です.

上記の問い合わせは,

倉敷紡績(株)谷口嘉広 Tel 06-266-5265

ノボノルディスクバイオインダストリー(株)
 上島孝之 Tel 043-296-6770

まで。