米国Pfizer社の日本法人であるファイザー製薬は、市民参加型公開シンポジウム「感染症の逆襲-新たなる人類の挑戦」を2月23日18:30から20:30に港区台場のフジテレビジョン球体展望室で開催する。

1943年に世界で初めてペニシリンの量産化に成功したPfizer社は、「感染症の逆襲」をテーマに新興・再興感染症についての正しい知識の普及と、一般市民にもできる予防や対策、さらに医療現場での対応を促進するために、継続的活動を実施する予定。今回のシンポジウムはこの啓蒙普及活動の皮切りと位置付けている。

シンポジウムの主催は、フジテレビジョン。提供がファイザー製薬。開催場所は、フジテレビジョン本社25F 球体展望室。