成田を日曜日の午前11時半に出発、Parisに日曜日の午後4時45分に到着しました。約12時間の旅でした。本日は取材の打ち合わせをParis市内で行った後に、旅の疲れを癒すため、静かに眠りました。

 飛行中は、オーキシンの原稿を書き、デジタル・カメラのイメージ処理をしている間にバッテリー切れとなり、後は豚のように食べ、飲んで寝ていました。事故といえば、空港でデジタル・カメラを落とし、バッテリー・ケースの蓋が壊れたことです。慌てて、瞬間接着剤とセロテープを調達、飛行中に修理するはめに陥りました。

 幸いにPort MalliotのMeridienホテルは完璧な米国式で、電源のプラグさえフランス式に変えれば、電話のモジュラー・ジャックは日本と同じでした。秋葉原でフランスのモジュラー・ジャックを探し回った努力は徒労に終わりましたが、ほっとしています。電話さえ気にしなければ。少なくとも記事をParisから投稿できます。

 と思ったのも束の間、配線は完璧ですが、モデムに信号音が入りません。1時間格闘しついにギブアップ、Appleコンピュータのパリ支店に電話を入れようとして、交換手と話したところ何と、このままではつながらず、壁にある電話線の大元をフランスのモデムと交換しろとの支持をいただき。電話交換室までモデムをもらいに駆けつけざるを得ませんでした。

 息を切らして交換室で見たモデムは、何と秋葉原で購入したフランス式モジュラージャックそのものでした。世界の秋葉原万歳!ちなみにモジュラー・ジャックはソフマップ・シカゴ館4階に売っていました。 

 疑う電話交換手にノン・メルシーを繰り返し、更に使用法を教授願うと私の部屋ではこのモジュラージャックを接続する大元がベットボードの裏にあり、これを剥がさないと使用できないことが判明、部屋まで変える騒ぎに発展しました。

 という訳で皆さんには、裏通りに面したさえない部屋から通信しています。昨日の晩は、表通りに面した景色の良い部屋だったんですけが。

 本日は、Genset社を訪問します。

 それではお元気で。
   Biotechnology Japan 宮田 満 in Paris at 10:30 AM