臓器移植と遺伝子操作研究会の発足の呼びかけを、名古屋大学医学部第二外科の林修治氏が、「皆のホームページ」の医学医薬関係者の欄で行っている。

 遺伝子操作によって、急性期の拒絶反応を抑止したブタなどが既に開発され、米国では一部臨床実験も行われた。今後、遺伝子操作が臓器移植に貢献する可能性が生まれてきた。

 1998年1月には、Genetic Engineering and Transplantationをインターネット上で開催することも、この研究会では計画している。

 詳しい内容は、「皆のホームページ」で。