コンビナトリアル・ケミストリー(コンビケム)とハイスループット・スクリーニング(HTS)から新薬のリード化合物を発見する取り組みを紹介する公開の97-1創薬懇話会が97年2月14日につくば市で開催される。

 この会合は、95年春に発足した創薬研究ロボット懇話会が企画を行い、日本薬学会の支援を得て公開の会合を参加費無料で開催することが決まった(主催は日本薬学会の医薬化学部会)。
 

 HTS関連の自動化ロボットの情報交換をこれまで行ってきた創薬研究ロボット懇話会はこの会合で、コンビケムの研究グループとの交流を開始する。コンビケム研究グループの代表の1人である大阪大学理学部講師の深瀬浩一氏と田辺製薬医薬拓新研の清水良氏が招待講演を行うほか、ファイザー製薬中央研究所や山之内製薬創薬資源研究所、明治製菓創薬研究所、パッカードジャパン、プレシジョン・システム・サイエンス、アダムネット、テカン ジャパンが講演を行う。



問い合わせ先 

山之内製薬 創薬研究本部薬理研究所
薬理第四研究室 室長 本田一男氏
FAX(0298-52-2925)
e-mail(honda@yamanouchi.co.jp