ノーベル物理学賞受賞者を、本日18時45分、スウェーデン科学アカデミーが発表した。今回はバイオ関連ではなかった。

 受賞者は米国Cornell大学教授のDavid M. Lee氏とRobert C. Richardson氏、米国Stanford大学教授のDouglas D. Osheroff氏の3人。

 受賞の理由は、ヘリウムの同位体であるヘリウム3が絶対零度に近い超低温条件で超流体となる現象を発見、低温物理学の扉を開いたこと。この奇妙な超流体は、内部の分子同士の摩擦とランダムな分子の動きが失われ、通常の液体では説明できない振る舞いをするようになる。超流体の研究から、物質の挙動を顕微的研究する新たな量子物理学の領域が開けた。

 今年もバイオ関連研究の受賞が期待されるノーベル化学賞は、午後9時に発表される予定だ。情報を入手次第報道する。