東京都臨床総合医学研究所を中心したグループが、C型肝炎ウイルス(HCV)のcDNAを導入したトランスジェニック・マウスを開発、実際に肝炎を生体内で起こさせることに成功した。HCVが感染して肝臓誘導される炎症や肝臓ガンの機構解明に大きな手掛かりとなるだろう。

 詳しくは日経バイオテク最新号で報道する。