環境庁の実証調査の一環で、キヤノンがトリクロロエチレン(TCE)分解、同和鉱業が油分解に取り組むことが決まった。環境庁の事業の一環で、いずれも自然界から分離、変異処理技術などで育種した高性能分解菌を投入する試験が年内に開始される。従来は環境汚染された環境に存在する分解微生物を栄養などを添加して、増殖を誘導する実験が行われてきた。

  詳しくは日経バイオテク最新号で報道する。