厚生省は、8月2日夜、未曾有の大流行となったO157感染症の治療マニュアルを発表した。
 これによって、臨床経験が少ないため混乱の起こっている医療現場の収拾を図ろうという狙いだ。
 しかし、このマニュアルですべてが解決したと考えるのは早計だ。これは現在得られる知識によって判断された暫定基準に過ぎない。将来の再発を防ぐためにも、患者の治療経過に関する情報の蓄積を忘れてはならない。
 また、抗生物質の投与法や血しょう交換療法の適用時期などに関しては、迅速に情報を収集解析して、最善に治療行為に一歩手も近づく努力を医師や行政は怠ってはならない。
(日経バイオテク取材)
 詳しい情報はここをクリックして下さい。

キーワード
●O157 治療マニュアル 厚生省 溶血性尿毒症(HUS)●