第2回関西遺伝子医療研究会が、下記の要領で98年2月28日に千里ライフサイエンスセンターで開催される。

 更新情報とリンクは「皆のホームページ」学会研究会の森下氏のページでアクセスできる。


        第2回関西遺伝子医療研究会
      “生体への遺伝子導入と治療への展望”
『病態解析と遺伝子治療』

日 時:平成10年2月28日(土) 10:00から17:45場 所:千里ライフサイエンスセンター(5Fライフホール)
(大阪府豊中市新千里東町1ー4ー2 TEL06-873-2010)
会 長:荻原俊男(大阪大学医学部第四内科)
【プログラム】
*開会の挨拶 荻原俊男(大阪大学 第四内科) 
I)シンポジウム 『病態解析』      10:00から12:00座長 久保俊一(京都府立医大 整形外科)
清水恵司(大阪大学 脳神経外科)
1)転写因子Cbfalによる骨芽細胞分化と骨形成
         大阪大学 第三内科  小守壽文 2)bHLH型転写因子と神経発生
         京都大学 ウイルス研究所  影山龍一郎

座長 珠玖 洋(三重大学 第二内科 )
寒川賢治(国立循環器病センター)
3)組織特異的ノックアウト法を用いたシグナル伝達分子の機能解析
         兵庫医科大学 生化学  審良静男4)エンドセリン変換酵素の細胞生物学および分子遺伝学
   ー臨床応用への展望を踏まえてー
         神戸大学 医学研究国際交流センター 江本憲昭

*昼食   (世話人会) 12:00から13:00

II)ポスターセッション    13:00から14:30

III)シンポジウム 『遺伝子治療』 14:30から16:30座長 有井滋樹(京都大学 第一外科)
 栗山茂樹(奈良県立医科大学 第三内科)
1)肝硬変に対する遺伝子治療および肝切除限界の拡大
         兵庫医科大学 第一外科  藤元治朗 2)進行肝細胞癌に対する遺伝子治療の基礎検討
         金沢大学 第一内科  金子周一

座長 松本邦夫(大阪大学 腫瘍生化学)
 藤原俊義(岡山大学 第一外科)
3)遺伝子治療に向けた人工ウイルスベクターの開発
         大阪大学 細胞生体工学センター  金田安史
4)DNA筋注法によるサイトカインの持続発現と自己免疫疾患の制御
         大阪大学 栄養学  宮崎純一

────【コーヒーブレイク】────
              16:30から16:45

IV)特別講演   16:45から17:45
 座長 大阪大学 小児科  岡田伸太郎
  『細胞間の物質の漏れを防ぐ分子機構』
        京都大学 分子細胞情報学  月田承一郎

  *閉会の挨拶 松田 暉(大阪大学 第一外科)

※参加登録費 3&s_comma;000円
※尚、シンポジウム終了後、懇親会を予定しています。
《連絡先》事務局:大阪大学第四内科
 森下竜一 TEL06-879-3852 FAX06-879-3859
            主催 関西遺伝子医療研究会