三菱化学生命科学研究所は、公開シンポジウム「自然界の微生物の姿を捉える」を、12月1日、下記の要領で
東京一ツ橋の学士会館で開催する。

 更新情報とリンクは「皆のホームページ」微生物研究者欄の辻氏のホームページでアクセス可能です。


三菱化学 生命科学研究所 「公開シンポジウム自然界の微生物の姿を捉える」

開催主旨
地球環境問題や新しい感染症の克服、または自然界の微生物の新規の遺伝子の獲得などの目的には、培養系を使わずに自然環境の状態のままで微生物を解析することが重要である。我々は、個々の微生物細胞を扱う技術を基礎としてこのような解析を進めようとしており、今後の方向を議論し明らかにする。

主催:三菱化学 生命科学研究所、 後援: 日本化学会、日本分析化学会日時:1997年12月1日(月)、10:00から16:00
会場:学士会館(地下鉄、営団線・都営線の神保町駅のA8・A9出口のすぐ側)
参加方法:三菱化学 生命科学研究所、辻尭 宛(194東京都町田市南大谷11)に電話(0427-24-6284)、FAX(0427-24-6317)、郵便葉書、電子メール(tuji@libra.ls.m-kagaku.
co.jp)などで申し込む。空席があれば当日会場での申込も可能。無料。

内容:
-------------------------------------------------------------------------------- -----------------------------------
総合司会: 辻 尭(三菱生命研)、丸山明彦(通産省・生命研)
全体主旨と進行次第の説明: 辻 尭
10:00-10:05
所長挨拶: 永井 克孝                10:05-10:10
-------------------------------------------------------------------------------- -----------------------------------
1.微生物探求の道程(アチックラボ)服部勉 10:10-10:45
  副題:マクロとミクロの視点
           discusser (水谷 広) 10:45-10:55

2.地球環境問題と微生物(京大・生態学センター)和田英太郎 10:55-11:30
  副題:特にCH4、N2Oに関連して
             discusser (丸山明彦) 11:30-11:40

              昼食     11:40-12:40

3.土壌と植物をつなぐ共生微生物、菌根菌(農水省・草地試験場)斉藤雅典  12:40-13:15
            discusser (宝月岱造) 13:15-13:25

4.水圏微生物生態への分子生態学的アプローチ(通産省・資源環境研)福井学 13:25-14:00
        discusser (木暮一啓)
14:00-14:10

                休憩 
14:10-14:20

5.低栄養状態での病原性ビブリオの生態 (九大名誉教授)天児和暢 14:20-14:55
         discusser (山本啓之)
14:55-15:05

6.総合討論(司会 辻 尭) 上記講師および discusser 、河崎行繁、他 15:05-15:50

7.総括(東京農大)高井康雄      
15:50-16:00
-------------------------------------------------------------------------------- -----------------------------------