皆のホームページに参加している丹羽さんから、全世界の植物バイオ研究者がクローン化競争を繰り広げていたROOTY遺伝子を、米国Minesota大学のグループがクローン化することに成功したとの情報が寄せられた。更新情報とリンクは、「皆のホームページ」植物学研究者欄の丹羽さんのページでアクセス可能だ。

 rooty変異体は,根が異常に増殖するシロイヌナズナの変異体だ。現在、植物の器官分化は,植物ホルモンのオーキシンとサイトカイニンの存在比で決まるというのが定説だ。オーキシンの存在比が高いと根が,その逆の場合は芽が分化するという説である。

 実際、rooty変異体では、内在性のオーキシンの濃度も上がっている。世界中の研究者がrooty遺伝子をポジショナル・クローニングしようと競争したが、Minnesota大学のグループが一番乗りに成功した。たまたま、同グループが使用していた変異体では、rooty遺伝子にT-DNA遺伝子が挿入されていた幸運に恵まれたのが成功の原因だった。

 11月12から13日に理化学研究所で開催されたシロイヌナズナのワークショップで、Minnesota大学のOlszewski氏がrooty遺伝子のクローン化を発表した。それによると、rooty遺伝子はヒトのチロシン・アミノトランスフェラーゼと構造上相同性があり、SUPER ROOT&s_comma; Hookless3などと同一遺伝子だった。(宮田 満)