林原生物化学研究所は、第1回トレハロースシンポジウムを12月1日、京都センチュリーホテルで開催する。食品、医薬品、化粧品、農水畜産品分野など多方面で活躍しているトレハロースの研究者9人が講演を予定しており、トレハロースの基本的な特性や機能性に関する研究など様々な発表が行われる。

トレハロースは、林原が94年に大量生産技術を開発、96年11月から本格発売を開始、主に食品分野を中心に需要需要が急速に拡大している。林原は、このトレハロースシンポジウム開催により、分野の枠を越えた学術的な交流を促進し、トレハロースの研究および新しい用途開発をさらに進展させる考え。今後も、有益なデータを蓄積し、研究基盤を整え、継続的に幅広く学術的な研究を行っていく予定だ。