石川県とアライエンスフォーラムは、バイオ関連ベンチャー企業と地場産業や大学との交流を狙った「バイオアライエンス フォーラム in 石川97」を、11月12日、金沢市の石川県地場産業振興センターで開催した。

 今回は米国のベンチャー企業だけでなく、林原、エイブル、YMCなどのわが国の中堅中小企業が、自社の技術を発表、提携先を求めた。また、金沢大学や北陸先端科学技術大学院大学、金沢工業大学など大学の研究室も自社の技術を発表、共同開発を呼びかけた。わが国ではかつてない試みだ。

 会場は地場産業の経営者に加え、学生など大学関係者、150人以上で埋め尽くされた。(宮田 満)