米国大使館商務部は、オイルスピル回収技術展示会/セミナーを97年11月20、21日に東京・池袋サンシャインシティの米国大使館U.S.トレードセンターで開催する。97年1月に日本海で起きたタンカー「ナホトカ号」の座礁による原油流出事故、さらに8月に東京湾で起きた原油流出事故により、油流出事故への注目度が高まっている。この展示会/セミナーでは、石油の効果的除去法をはじめ、今後日本で起こり得る石油・石油製品の流出による環境汚染を最小限に食い止めるための製品、装置、技術、サービスを米国企業が紹介する。

バイオテクノロジー関連の主な出展品は、NATURAL TRADE COMPANYのバイオジェネシス・インクの石油製品バイオ処理用微生物製剤(国内連絡先は(株)佐竹、TEL:03-3456-4011)や、PRODUCT SERVICES MARKETING GROUPの陸上流出油のための炭化水素吸収、封入及び微生物的処理剤オイル・ゲイター、廃棄物の微生物分解のためのゲイター・トラップなど。

NATURAL TRADE COMPANYは11月21日16:15から17:00、PRODUCT SERVICES MARKETING GROUPは11月21日14:15から15:00にそれぞれセミナーで説明を行う。

この展示会/セミナーの連絡先は、米国大使館商務部の畑野陽子氏。TEL:03-3224-5318、FAX:03-3589-4235、http://www.csjapan.doc.gov/ustc_j/event/oil。

これに先立ち、11月18日にはオイルスピル技術セミナー(大阪)を、在大阪・神戸米国総領事館で開催する。連絡先は、在大阪・神戸米国総領事舘商務部の赤井千賀子氏。TEL:06-315-5960、FAX:06-315-5963。(河田孝雄)