理化学研究所DNA開発銀行が、遺伝子材料の寄託を求めています。
 
 更新情報とリンクは「皆のホームページ」その他の欄で。


遺伝子材料寄託のお願い

[業務内容]

 
 理化学研究所ジーンバンク室DNA開発銀行ではライフサイエンス研究推進事業の一環として、平成5年度より汎用宿主ベクター系とクローン化遺伝子を中心に収集と分譲を行っています。この度、クローン化遺伝子材料の寄託登録をお願いしております。

 寄託登録とは、まず登録していただく材料を当DNA開発銀行に送付していただきます。DNA開発銀行では、それを増殖、検査、保存管理するとともにカタログに掲載します。カタログに掲載されている遺伝子材料は、研究者のリクエストに応じて分譲されます。カタログは送料着払いの書籍小包でお送りいたします。

[寄託のメリット]


1. クレジット制度(遺伝子材料を寄託していただきますと寄託遺伝子数に見合う株数まで無償で提供いたします。例えば、3株寄託された場合、カタログ記載遺伝子材料を3株取得できます。)
2. 分譲・使用制限を付けることが出来ます。
3. 品質管理・分譲を当バンクで行いますので、研究者自身による遺伝子株の分譲の煩雑さが無くなります。また、貴重な遺伝子株の逸失を防ぐことができます。