大阪大学蛋白質研究所セミナー「記憶学習の分子機構」が、11月18から19日、大阪大学で開催される。

 更新情報やリンクは「皆のホームページ」学会研究会欄の畠山さんのページでアクセスできます。


大阪大学蛋白質研究所セミナー「記憶学習の分子機構」
日時:1997 年11月18日(火)/19 日(水)
場所:大阪大学蛋白質研究所講堂
世話人:津本忠治(大阪大・医・バイオ)、畠中 寛(大阪大・蛋白研)

プログラム

18日(火)

13:00から13:05 開会の挨拶
    京極好正(大阪大・蛋白研所長)
13:05から13:10 世話人の挨拶
    津本忠治(大阪大・医・バイオ)

セッションI 座長:津本忠治
13:10から13:45 畠中 寛(大阪大・蛋白研)
BDNFによる培養中枢ニューロンからのグルタミン酸放出
13:45から14:20 那波宏之(新潟大・脳研)
脳シナプス発達の分子生物学的解析
14:20から14:55 山森哲雄(岡崎研究機構・基生研)
長期記憶形成の分子機構の研究

14:55から15:15 コーヒータイム

セッションII 座長:畠中 寛
15:15から15:50 井ノ口馨(三菱化学生命研)
神経可塑性に伴う遺伝子調節とシナプス強化
15:50から16:25 平野丈夫
        (京都大院・理・生物物理)
小脳シナプス機能の分子機構と運動制御・運動学習

16:25から16:40 コーヒータイム

セッションIII 座長:那波宏之16:40から17:15 二木宏明
        (理研・国際フロンティア)
Fyn欠失マウスの行動異常
17:15から17:50 中西重忠
        (京都大院・医・生体情報)
グルタミン酸受容体と脳機能

18:00から    懇親会

19日(水)

セッションIV 座長:澁木克栄
10:00から10:35 今村一之(大阪バイオサイエンス研)
大脳視覚野の発達可塑性
10:35から11:10 津本忠治(大阪大・医・バイオ)
視覚野の可塑性における神経栄養因子の役割

11:10から11:25 コーヒータイム

セッションV 座長:平野丈夫
11:25から12:00 外山敬介(京都府立医大・第二生理)
視覚野の可塑性と神経回路発達
12:00から12:35 澁木克栄(新潟大・脳研)
大脳聴覚野シナプス可塑性:分子・細胞から個体へ

12:35から    昼食

セッションVI 座長:二木宏明
14:00から14:35 椛 秀人(鹿児島大・農・獣医)
マウスにおける匂いの記憶の分子機構
14:35から15:10 小野武年(富山医薬大・医・第二生理)
サル海馬体ニューロンの条件性場所-物体連合課題における場所、物体、および
行動に対する応答性
15:10から15:45 奥野浩行(東京大院・医・第一生理)
霊長類大脳側頭葉における遺伝子発現調節

参加費は無料です。
大阪大学蛋白質研究所は、阪急千里線北千里より、徒歩15分。北大阪急行線千里中央よりあるいは阪急京都線茨木またはJR東海道線茨木より阪急または近鉄バス阪大本部前より徒歩10分。