***** seminar ML *****
seminar MLから転載



第93回東大脂質談話会のご案内

日時;平成9年10月15日(水) pm6:00から7:00

会場;東京大学医学部生化学教室 3階細菌セミナー室(S311)

演者;川戸 佳 先生

所属;東京大学大学院 広域科学専攻 生命物理教授

演題;『ステロイド合成機構の蛍光可視化解析』

要旨;

初代培養した副腎皮質細胞と脳細胞を用いて、ステロイド合成を蛍光顕微画像解析法により研究している。
副腎皮質では、生理濃度の副腎皮質刺激ホルモンACTHがカルシウム振動信号を発生し
、これがセカンドメッセンジャーであることを示し、20年来の問題を解決。現在コレステロールを運ぶエンドソームの輸送を単一粒子解析法で追跡し、輸送がチューブリ
ン上を走るモータータンパク質で駆動されていることを発見。コレステロールをステロイドに変換するチトクロムP450の活性も実時間で蛍光解析している。これにより、ACTHなどの異なる刺激ホルモンのカルシウム信号パターンが各々異なり、それに応じて駆動される下流のタンパク質が異なることを示す。脳グリア細胞での脳ステロイド合成とその作用を副腎皮質ステロイド合成との対比を行いながら説明する。脳ステロイドは細胞膜上のグルタミン酸受容体のカルシウム信号を増強し、ステロイドホルモ
ンのような核遺伝子に働く機構とは全く異なる作用様式を持つので興味深い。

連絡先;03-3812-2111(内線3448)

東京大学医学部生化学教室細胞情報部門脂質懇話会担当 中谷 紀章

****** seminar MLに関する情報は「皆のホームページ」医学・医薬研究者の欄で入手できます。