第17回キャピラリー電気泳動シンポジウムが、下記の要領で12月11から12日、東京都立大学キャンパス内で開催される。

 更新情報とシンポ・ホームページへのリンクは、「皆のホームページ」学会・研究会欄で。


* SCE17 **第17回キャピラリー電気泳動シンポジウム(SCE17)

主 催: 日本分析化学会電気泳動分析研究懇談会

共 催:日本化学会、日本生化学会、日本薬学会、日本分析化学会
    クロマトグラフィー科学会、日本電気泳動学会

期 日:1997年12月11日(木)から12日(金)

会 場:国際交流会館、新宿より45分、京王多摩線南大沢下車
           徒歩5分 都立大学キャンパス内

 キャピラリー電気泳動、細管式等速電気泳動、ゲル電気泳動、電気クロマトグラフィー電場による現象を利用した分離分析手法、装置、応用についての研究発表が行われます。
 核酸、タンパク質、薬物等、生体関連成分の微量、迅速、高感度分析法を始め、キャピラリー電気泳動を反応の場として用いる新しい試みなどチャレンジングなテーマが展開されます。

参加費:(含講演要旨集代)
当日 6、000円予約 4、000円学生 3、000円

懇親会:日時:1997年12月11日(木)6:00から場 所:国際交流会館食堂(都立大学キャンパス内)
会 費:
当日 5、000円予約 4、000円

予約申込:11月8日(金)までに
電子メールまたはハガキ(氏名、所属、住所を記入)でお申し込み下さい。
なお、現金はシンポジウム当日お支払い下さい。

申込・問合先;350-0248
坂戸市けやき台1ー1城西大学理学部化学科内
第17回キャピラリー電気泳動シンポジウム(SCE17)
シンポジウム世話役 小林 英三郎(KOBAYASHI Hidesaburo)
TEL:0492-71-7961
FAX:0492-71-7985
e-mail:hkoba@pop.josai.ac.jp

会場までの交通機関、会場周辺の宿泊施設などのご案内はホームページをご覧下さい。