HER2陰性進行乳癌に対する1次療法としてパクリタキセルにアバスチンを投与することは、日本人でも有効である可能性があらためて確認された。フェーズIII試験MERiDiANの日本人サブグループの解析で示されたもの。成果は10月29日から31日に京都市で開催された第53回日本癌治療学会で岩手医科大学の柏葉匡寛氏によって発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)