薬物代謝には、チトクロムP450(CYP)が深く関与している。創薬で、カニクイザルをモデルにして薬物動態試験や薬効試験、安全性試験などを実施する場合、一部の薬物では、サルの代謝パターンとヒトの代謝パターンが異なることが分かってきた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)