弘前大学大学院医学系研究科整形外科学講座の石橋恭之教授と、弘前記念病院の植山和正院長(脊椎・脊髄外科)は、2015年10月31日、自己軟骨細胞加工製品のIK-01について、青森県弘前市の企業が限局性膝軟骨損傷患者を対象とした治験を2016年春にも開始すると明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)