昨日、日本癌治療学会の代議員会で、COIガイドライン(利益相反ガイドライン)が改定されました。事務局にガイドラインを求めましたが、他の資料も一緒になっているという訳の分からぬ理由で手元にまだ届いておりませんが、関係者の聞き取りからその姿に迫りましょう。何しろ、日本初の画期的なCOIガイドラインでした。まずは速報いたします。ディオバン事件以来、日本の医学界はゆっくりですが、正常化に向かい始めました。製薬協も医師主導臨床試験のガイドライン案をもうすぐ公表します。ディオバン事件で打ちのめされた我が国の臨床研究の信頼回復が始まりました。

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で100本まで読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)