製薬大手が希少疾患を対象としたバイオ企業との提携を見直す例が相次いでいる。ここ数年、希少疾患向けのオーファンドラッグは成長分野として注目を集め、バイオ企業のみならず大手がこぞって参入したが、一部に揺り戻しの動きが出ているようだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)