日経バイオテク10月26日号「バイオ風土記」(第8回)、MSCとリハビリ組み合わせ再生医療実現目指す

(2015.10.28 01:01)1pt
2015年10月26日号
加藤勇治

 独自に開発した、サイトカインなどを用いずに未分化性を維持したまま間葉系幹細胞(MSC)を大量に培養する装置やリハビリテーション用ロボットを活用し、脊髄損傷や脳梗塞など中枢神経系疾患の再生医療の研究に取り組んでいるのが、広島大学大学院医歯薬保健学研究院の弓削類教授らのグループだ。MSCの未分化性を維持できるのは、まるで宇宙にいるかのような無重力環境を作り出すことができる重力制御培養装置「Gravite」のおかげ。細胞治療と治療後のリハビリまで一貫して行うことの効果などを検証し、実用化に向けて研究開発を進める専門組織が広島大学に立ち上がった。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「異常な蛋白質に対する低分子薬の2つのアプローチ」
    2019年6月7日開催!不安定な標的蛋白質の立体構造を安定化する「シャペロン薬」、ユビキチン・プロテアソーム系を利用して標的蛋白質を分解する「標的蛋白質分解誘導薬」。最新の研究開発状況と、2つのアプローチの棲み分けを解説する。
  • 「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧