第3世代CRISPRの登場でゲノム編集技術の応用が急速に拡大している。異種遺伝子を含まないゲノム編集育種生物はカルタヘナ法の対象外である。内閣府プロジェクトではゲノム編集育種した農林水産物の社会での受け入れを目指す。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)