2015年10月14日から16日に掛けて、国内最大のバイオのイベントBioJapan2015が横浜市で開催された。約30カ国から政府や企業が参加し、3日間の来場者数は1万4153人と、前回の1万2734人から大幅に増加。初日には、2015年のノーベル生理学・医学賞の受賞が決まった北里大学特別栄誉教授の大村智氏が登壇し、エバーメクチンの発見に至る過程などを紹介して満員の会場から喝さいを浴びた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)