2015年5月に承認された、未治療CD20陽性の低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫(B-NHL)への抗CD20抗体リツキシマブの維持療法の根拠の1つとなった国内フェーズII試験の結果の詳細が明らかとなった。維持療法を行った患者における4年無増悪生存(PFS)率が69.8%、全生存(OS)率は100%だった。成果は10月16日から18日に金沢市で開催された日本血液学会で、国立がん研究センター中央病院の飛内賢正氏によって発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)