治療歴のある慢性骨髄性白血病(CML)あるいはフィラデルフィア染色体(Ph)陽性の急性リンパ芽球性白血病(Ph+ ALL)の日本人患者に対し、経口Bcr-Abl阻害薬ponatinibが有効である可能性が明らかとなった。国内の多施設共同フェーズI/II試験の結果、忍容性と抗腫瘍効果が認められたもの。成果は2015年10月16日から18日に開催された日本血液学会で、愛知県がんセンター中央病院の山本一仁氏によって発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)