経口投与可能な共有結合型のブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)阻害薬ibrutinibが、慢性リンパ球性白血病(CLL)、小リンパ球性リンパ腫(SLL)を含む日本人の再発・難治性の成熟B細胞腫瘍に有効である可能性が明らかとなった。国内で行われたフェーズI試験で、忍容性が確認され、一部の患者で抗腫瘍効果が確認されたもの。成果は2015年10月16日から18日に金沢市で開催された日本血液学会で名古屋第二赤十字病院血液・腫瘍内科部長の内田俊樹氏によって発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)