2015年のノーベル賞の受賞者の発表が始まった。この記事は化学賞発表の前日に執筆しているが、今年の化学賞では第3世代のゲノム編集技術であるCRISPR/Casが有力候補になっている。もしCRISPR/Casが受賞した場合、誰がその栄誉に輝くのかに注目が集まっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)