欧州で遺伝子組換え作物(GMO)の栽培禁止を正式に表明する国が増加している。8月にスコットランドが禁止の方針を発表したのに続き、9月半ばには農業大国であるフランスが禁止を決定した。ドイツも同様の措置を取る見通しであり、欧州ではGMO賛成国と反対国との間の線引きがますます明確になってきた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)