前米国務長官のHillary Clinton氏は2015年9月22日、高騰する薬価に対応するため、患者の薬代の負担に上限を設ける薬価抑制案を発表した。米国研究製薬工業協会(PhRMA)は、イノベーションを損なうものとして強く反発している。そんな中、彼女にとって格好の標的が現れた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)