>2014年11月、自由診療と臨床研究を対象に再生医療新法が施行された。再生医療の自由診療は、医療の提供内容とCPCについて届け出が必須となった。基準を満たせば、企業が医療機関や大学などから細胞加工を受託できるようになった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)