名古屋大学環境医学研究所が「次世代創薬研究センター」を設立し、新しい創薬を目指している。脳機能研究に長く携わってきた澤田誠教授が開発に成功した、臓器の蛋白質発現を3次元で解明できる装置を生かし、臓器を構成する組織間の相互作用や細胞のヘテロジェネイティを加味した薬剤開発に貢献していくと意気込む。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)