「組織が再生するわけではないのに、『再生医療』と喧伝されると国民が誤解するのではないか。細胞医薬と表現した方がいいのではないか」。2015年9月4日から都内で開催された第5回レギュラトリーサイエンス(RS)学会学術大会において、医学界の重鎮である大学教授が、再生医療という呼称に異を唱える場面があった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)