2015年6月26日、田辺三菱製薬は、「ラジカット注」「ラジカット点滴静注バッグ」(エダラボン)の効能・効果に筋萎縮性側索硬化症(ALS)における機能障害の進行抑制を追加する一部変更承認を国内で獲得した。エダラボンは、これまで国内で、脳梗塞急性期に伴う神経症候、日常生活動作障害、機能障害の改善を効能・効果として承認されていたが、適応拡大が認められた格好だ。ただし海外では、いずれの効能・効果についても承認されていない。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)