国内患者はおよそ44万人、潜在的には1280万人いると推定される。トップ製品は国内で副甲状腺ホルモン製剤、世界では抗RANKL抗体となった。副甲状腺ホルモン関連蛋白質誘導体、カテプシンK阻害が申請の準備段階に入った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)